LEDの明るさを表すルーメン(lm)とWの違いについて照明コンサルタントが徹底解説

 

こんにちは!メガランプのうまさんです!

今回はマジメにブログを書きます!

今日はLEDの明るさを表すルーメン(lm)について徹底解説したいと思います。

個人的には、とんこつの細麺が好みなんですが・・・
いつか博多の屋台でラーメン食べたいな。

あ。
ルーメンについて話すんでした。

 

1.ルーメン(lm)ってなに?

 

ルーメン(lm)とはざっくりいうと、光の明るさを表す単位のこと。

LED電球のパッケージを見てみると、よく440lm←こんな感じで
数字の後ろに単位として表記されてます。

(lm)はlumenの略称で、光の源から出ている光の量(光束)を表しています
なので、数値が大きければ大きいほど明るいということになります。

でも、ワット(W)も数値が大きければ大きいほど、明るいですよね。
ルーメン(lm)と何が違うのか。彗星の如く現れた洒落た名前のルーメンって
なぜ出てきたの?

ということで、ワット(W)とルーメン(lm)の違いを見ていきましょう。

2.ワット(W)とルーメン(lm)の違いは?

 

ルーメン(lm)について熱く語る前にワット(W)について改めて解説する必要があります。

私、さきほど「ワット(W)も数値が大きければ大きい」ほど明るい。と言いました。
この解釈、合ってるようで正確では無いんです。

そもそもワット(W)は消費電力を表す単位

ただ、今までの白熱電球は消費電力と明るさに相応関係があったため、ワット数が大きければ明るいというのはだいたい的を得た解釈でした。

その考え方でいうと、LEDはどうでしょう。

LEDは極力、消費電力を少なく設計されているので
だいたい4~10Wぐらいのほんの少ない消費電力で40W相当~ぐらいの明るさで発光しています。

LEDの明るさをワット(W)で表現するとおかしな事になってしまうので
そこで日本照明工業会(JLMA)が設定したのがルーメン(lm)です。

LEDのパッケージにはワット(W)相当の表記が記載されています。

※パナソニックは○形相当という表現の仕方ですね。

これはルーメン(lm)の認知度がそこまでないので、購入者にわかりやすいようにした
メーカーさんの気遣いですね。

 

3.ルーメン(lm)の数値を理解して、正しくLEDを選ぼう

 

ルーメン(lm)とワット(W)の違いが理解できたところで、正しいLEDを選ぶには
どれぐらいの数値のルーメン(lm)がどれぐらいの明るさなのか把握する必要があります。

そこで、下記にルーメンの相当表をご参考ください。

一般電球タイプ(E26)
一般電球ワット(W)相当 20W相当 30W相当 40W相当 50W相当 60W相当 80W相当 100W相当
ルーメン(lm)の値 170lm以上 325lm以上 485lm以上 640lm以上 810lm以上 1160lm以上 1520lm以上

 

上の表の様に、LEDはワット数が低くても白熱電球相当の明るさの数値を出しています。

LEDを選ぶ際に暗くなるのが不安な方は、ルーメン(lm)の数値を見て判断された方が正確です。

「そんなこと煩わしくてめんどくさい」「光れば何でも良い」
という方はメーカーさんが表記しているW相当で選べば大丈夫です。

 

4.lm/W(ルーメンパーワット)とは?

ルーメン(lm)とLEDの選び方も説明したところで、更に上級編です。

省エネを考えている人には抑えていて欲しいlm/W(ルーメンパーワット)について
説明したいと思います。

lm/W(ルーメンパーワット)は簡単にいうと

1Wあたりの消費電力で、何ルーメンの明るさが得られるか=ランプ効率を表しています。

お金で考えると、どれぐらい費用対効果があるか。て考えるとわかりやすいですね。

lm/W(ルーメンパーワット) は数値が高ければ高いほど効率が良いと考えられています。

【計算式】
lm/W(ルーメンパーワット)=光の量ルーメン(lm) ÷ 消費電力(W)

で表されます。

例えば、白熱球 LW 110V 60W55 アサヒランプ(旭光) と
パナソニック のLED LDA8L-G/K60ESW で見比べてみると

LW 110V 60W55    790lm ÷ 60W   =  13  lm/W
LDA8L-G/K60ESW  810lm ÷ 7.8W   =  103 lm/W

約8倍の差が出ました。
上記の様に省エネを検討されている方はlm/W(ルーメンパーワット)も考慮して
検討されてみてはいかがでしょうか。

 

【パナソニック】 LDA8L-G/K60E/S/W [LDA8LGK60ESW] LED電球(一般電球タイプ7.8W) 電球色 60W相当 E26口金

 

5.まとめ:ルーメン(lm)の意味を理解して適切なLEDを選択しましょう。

 

今回は、ルーメン(lm)とワット(W)、そしてW相当について細かく解説致しました。

弊社のお客様にも

LEDを間違えて購入してしまった。。。
思っていた明るさと違う。。。

などなど「こんなはずじゃなかった案件」が続出しております。

その度に、購入ボタンを押す前に相談していただければ良かったのに…
とこちらも悲しい気持ちになります。

適切なLEDを選ぶ為にも今回のルーメン(lm)の内容が参考になれば嬉しいです。

いつでもお問い合わせは受け付けておりますので
お気軽にお問い合わせください。

 

少しだけお知らせです!
メガランプマガジンを運営しているオノライティングは照明専門商社なのですが、現在はLEDへの交換工事も含めてお客様にご提案しております。

ぜひリンクからのご相談をお待ちしております。

 

ではまた次回お会いしましょう!
See you next time!

関連記事